ゲームは人生の代わりになるか?

ずっと積みゲーになっていた『大神』をやり始めた。

とても、とても熱中できる。

自分のリアル人生を、適当に過ごすとゲームがやたらと捗った。

何もかも忘れて、身を任せるというのが、楽しむ条件だったのかと目から鱗。

前まで、ゲームは時間の無駄という罪悪感があったことは否めない。

 

今は、時間が大事とかいう考えがなくって、どんどん無駄に使っていいと思ってる。

リアル人生も、別にこれまでのわたしがあるから、魂抜けていたって大丈夫だろう。

仕事もプライベートも、長い付き合いだと、無理をしなくていいのは楽ね。

 

ゲームの、勝手に進んでいく心地よさは、今まで感じたことなかった魅力だわ。

半年前くらい前に同僚からもらったエロゲーの女の子をやっと一人クリアした。

ほーん、なるほど、なるほど。

げんしけん』を読んでから、10年。

やっと、同人、BL、エロゲーなどを、一通り巡った感。

ってか、今思うと、あのサークルめっちゃ楽しそうやん。

 

広告を非表示にする