からっぽ

4ヵ月間が過ぎた。

そして、またダメだった。

お金も減って、また再スタート。

マンガ読んで、本読んで、リアル世界からの逃避をする。

そうすると、少し楽。

自分を消していく作業。

鏡を見ずに、姿形を忘れる。

ただそこに居るだけのモブになる。

肉体がある限り、変化を悟られることはないでしょう。

あまりにも、からっぽなんで、この肉体だけ誰かに貸し出したい。

いまなら自由に使ってもいいですよー。

広告を非表示にする