2016/02/23(火)

富山に行くときに、駅でオードリーの若林のエッセイを買った。

前から気になっていたけど電子書籍になるのを待って買っていなかった。

完全版だそうで、文庫本には単行本未収録のページも追加されている。

「あぁ、文庫本のページめくるのもいいものだなぁ。」と思いながら読んだエッセイはとても面白かった。

わたしはこういう、自分の思っていることを正直に綴っている、ネガティブとも言えるような文章が好きなんだろう。

はてなブログで好きなブログが見つからないのは、そういうことか。

とくに「穏やか」な世界という章が好きだった。

人と人生は複雑だが、世界の成り立ちは素直なのかな?

 みんなの言う通りではあったが、みんなの言う通りの世界は面白くもなんともない。

春日の章は現代版の『高瀬舟』かな?と思いながら読んだ。

テレビかラジオで若林が実はもう今は人見知りじゃないみたいなことを言っていた。

そりゃそうかと思ったけど少し寂しかった。

このエッセイでも変わっていく若林を感じるけど、ずっと読んでいたいと思う。

読み終わるのが惜しくて、まだ読んでる途中で日記を書いている。

 

広告を非表示にする