2017/01/25(水)

今日は図書館に行ってきた。

今住んでいる所に引っ越してきてから、はじめて行ってみようと思った。

ネットで図書館いらないという意見を目にしたのがきっかけだった。

自分は使わないし、税金を使ってほしくない。みたいなことが書いてあった。

いやー。いるでしょ図書館は!って思ったけど、コメントはしなかった。

そういう人もいるだろうし、もしかして多数派なのかもしれない。

街にあった、本屋さんや、CDショップ、映画館が閉店し、コンビニ、スーパー、ドラッグストアが増えた現状を考えるとそう思えてくる。

実際、わたしもずっと図書館に行ってなかったなーと反省した。

今は市に守られているけど、使用者が少ないと取り壊される可能性もゼロではない。

 

Googleマップで調べると、家から20分くらいの所にあった。

ポケモンGOを万歩計代わりに、岡田斗司夫Podcastを聞きながら歩いた。

ベイビィポケモンが卵から孵化するのを楽しみにしているのだ。

捕獲に関しては、もうめんどくさくて、やっていない。

 

図書館は、思っていたよりも狭く、ハードカバーがほとんどで、文庫は少なかった。

DVDが普及する前のビデオ屋を見てるようで、ハードカバーを半分文庫にしたら、何倍の本が置けるのだろうと思った。

それに上限の10冊の本を借りるにはとても重すぎて、5冊で精一杯だった。

わたしは断然、文庫派なので、この狭い図書館は、もっと文庫本の棚を置いて蔵書数を増やすべきだと思うんだけど。

これに関しては、ハードカバーが好きな人の意見も聞いてみたい。

 

やっぱり図書館で選ぶ本と、本屋で選ぶ本って少し違うのかもしれない。

わたしが立ち止まったのは、随筆・エッセイのコーナーだった。

このジャンルは、借りるハードルは低く、買うハードルは高い。

なぜかというと、すぐ読めてしまうし、あまり読み返さないからだ。

 

お笑い芸人さんのエッセイも面白いけど、作家さんのエッセイも文章がいい。

借りた本を参考に、この日記も面白くなれば、もう少し読者も増えるだろうか。

そんなことを考えながら書いていたら、長くなってきたのでここらへんで。

図書館で借りた本の紹介はもう一つのブログでしようと思う。

広告を非表示にする

2017/01/24(火)

新年の日記には、もしダメでも、もう一度頑張れるみたいなことが書いてある。

今、読むと遠い昔の記憶で、他人の日記のよう。

もう一度頑張ることには、なるけれど、しばらく怖いことばかり。

腹痛が起こり、血と胎嚢が出てくるというのが自然流産。

できれば、家にいるときであってほしい。

仕事中にそうなったら、どうしようか。

救急車とか呼ばれてしまうと、説明しないといけないし。

むこうの仕事も謎に1ヵ月休んで、なんか聞かれたら嫌だなー。

今週は土曜日まで毎日お休みだけど、なにもする気が起きない。

する必要もないし、存在意義もない。からっぽ。

そういえば、現実から逃避するには、ゲームが有効だった。

時間を回すことでしか、前進できないので、とりあえず生きよう。

広告を非表示にする

2017/01/18(水)

昨日は映画館に『バイオハザード: ザ・ファイナル』を観にいった。

レイトショーの時間だったので小さなスクリーンで、3Dもない上映だった。

念のために前回の『バイオハザードVリトリビューション』を復習してから行った。

しかし、悲しいことに、すべてがリセットされたのごとく、再びアリスは一人。

レオンやエイダたちも、とくに説明もなく、全く登場しなかった。

今、バイオの6をプレイしているので、すっごい残念だった。

あれ?レオンは?エイダは?って感じ。

あと、あのローラが女優として出演しているんだけど、あ、ローラだ!って現実引き戻されて嫌だった。

見どころもあるし音響もよくって、面白くないってことはないんだけど。

期待していたほどではなかったかなー。

まぁシリーズとしては、今まで十分楽しんできたけどね。

これで終わりと思うと、ミラ・ジョヴォヴィッチさん、おつかれさまです!と言いたい。

フィフス・エレメント』で知ったので、こんなに逞しくなるなんて夢にも思わなかったよ。

広告を非表示にする

2017/01/13(金)

あれれ、暗雲が立ち込めてきたぞ。

この幸せに包まれた数日間が、もう懐かしい。

来週まで、どうやって過ごせばいいんだろう。

いい結果だけを信じて、笑っていればいいのか。

ただ震えて、祈っていればいいのか。

 

まだ、絶対そうだと決まったわけじゃない。

でも、きっと、多分、だめ。

というのが、ずっと頭をぐるぐる回っている。

 

とりあえず、何かをして気を紛らわせるしかないわけで。

『このすば』の一挙放送を見ることにした。

広告を非表示にする

2017/01/02(月)

あぁついに、幸せのしっぽを捕まえた。

もし、するりと手から離れていっても、もう一度頑張れると思う。

こんなHAPPYな気分で新年を迎えられるなんて、本当によかった。

なんだか、世界が全然違って見える。

脳からずっと快楽物質が排出されている。

薬とか、エロとか一過性のものじゃない。

ハイな気分が収まらないので、別の人間になったみたいだ。

じぶんの未来を思い描けること。

それが、持続的な快楽の源だったと知った。

広告を非表示にする

2016/12/12(月)

www.sankei.com

「日本映画のレベルは本当に低い。最近すごく嫌いになってきたよ!」

こんな記事が話題になったのは春先のこと。

しかし、今年を振り返ってみると、「シン・ゴジラ」「君の名は。」「この世界の片隅に」と、日本映画史に残るような映画が次々に出てきた。

そう、2016年下半期、立て続けに良作が公開されたので、つい期待してしまう。

この流れのまま、ずっと面白い映画が続いてほしい。

そしたら、わたしは毎月でも毎週でも映画館に足を運ぶのに。

この世界の片隅に」を一人で観に行った。

住んでる家から自転車で10分の場所にシネコンがある。

数年前に建てられた最新の施設は、いつも空いている。

この日も、200人以上収容できる劇場に30人くらいしかいなかった。

この世界の片隅に」は、よく出来た映画だった。

日常を描くだけなら退屈になりそうだけど、とてもテンポがよい。

シン・ゴジラ」や「君の名は。」のように、今の映画という気がする。

わたしは、ドラエもんの劇場版を見てたくらいの小さな頃に、母親に連れられて戦争映画の上映会に何度も行った。

あまりに日常とかけ離れているので、戦争や原爆の恐ろしさは嫌というほど知ったが、それについて考えることは放棄した。

この世界の片隅に」は、すずさんの日常を丁寧に描くことで、この世界を追体験し、多くのことを、いま自分の心で考えることができる。

その価値はとても大きいのではないか。

ただ、この作品だけでなく、戦後を描いたこの作者の「夕凪の街 桜の国」も同じスタッフで、ぜひアニメ映画化してほしい。(実写映画化はされている。)

それで、ようやく安心できるというか、わたしにとって「この世界の片隅に」だけが、賞賛されることに、少しモヤっとする。

なぜかはわからないけれど。 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 

 

広告を非表示にする

2016/11/11(金)

依存と趣味を見分ける方法は、子どもが同じことをしたら応援するかどうからしい。

そうやって考えると、今のわたしは完全に依存のほう。

ここらで、きっぱり止めたいけど、じゃあ代わりに何があるかというと思いつかない。

創作とか、勉強するとかが理想的だけど、疲れるのも、頭使うのも嫌だなー。

ま、止めてみたら案外簡単に止めれたってのが一番いいので、ひとまず、第一歩。

sotsusotsu.hatenadiary.jp

 5月に買ったのに引き続きジャンプ流を購入。No.21は「冨樫義博

あんま、いい企画じゃないけど、ファンとしては買うしかないよね。

でもなんで、複製原画がクラピカなんだYO!

次は、1月発売の「荒木飛呂彦」を買おう。

そして、その後の予定がないけど、「葦原大介」はよ来い!

 

広告を非表示にする