読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/07/05(火)

 『ミリオンジョー』というマンガを読んだ。

担当編集者の主人公が、急死した人気マンガ家の死を隠蔽し、自ら続きを描くというストーリー。

なんというか、惜しい漫画だった。

1巻はすごく面白くて、鳥肌がたつほどだったのに、読み進めると期待したほどではなかった。

評論家のように偉そうだけど、もっと面白くなりそうだっただけに残念に思っている。

ラストの巻きの展開を思えば、もしかして打ち切りだったのかもしれない。

それでも、サスペンス調で始まったのにも関わらず犯罪の件の回収がないのは不満だ。

何月何日と日付が描かれていたのはなんだったのか。

ここまで、主人公一味として物語が展開してきたのに、他メンバーや、犯罪にも触れず、いい話風でまとめるには無理がある。

あと、このマンガは原作と漫画が別々で、他の感想ブログを見ると、絵の評価が低いのが以外だった。

顔のアップが多いとか女の子が可愛くないとか、たしかに粗削りなところもあるけど、表情のつけ方とか、キャラの造形、かなりいいと思う。

石原まこちんぽいなーと感じたけど、まぁ好き好きあるか。

つらつらと、なにが悪かったのか考えていたら、あるマンガを思い出した。

ちょうど同じような読後感の作品があったんだった。

『ゼクレアトル~神マンガ戦記~』

 これも1巻はすごく惹きつけられた。

残念ながら失速して、期待外れのまま終わってしまった。

この作品のまとめに書かれてることが、打ち切り作品に的確なので引用したい。

「初期の勢いと設定は良かったのに、それを活かせず自滅」といった終わり方となった。

打ち切られた原因

[1]キャラクターが「生きて」いなかった

キャラクター達が物語を展開させる為だけの完全なる操り人形になっていた。

不自然な思考や突然の思考停止が多く、物語の展開に合わせて変に動き回る様は、正に作者の操り人形そのもの。

また、そんなキャラを活躍もしないのに無駄にどんどん投入するので、その様な違和感が肥大化してしまった。

[2]設定を無駄にし過ぎた

せっかく面白そうなのに全く活かせないままいつの間にか無くなっている設定や、一回しか出ない設定、出す意味があるのか分からない設定等、とにかく多種多様の「無駄な設定」が多かった。

それ等が読者の不信感に大きく繋がった。

[3]伏線を張るばかりで、回収をしなかった

伏線は回収して初めて意味のあるもの。

気になる謎がそのままだと読者は「作者はあの伏線忘れてるんじゃないか?」と不安になるし、フラストレーションも溜まる。

一向に回収されない伏線は、結果的に読者の不満を買う。

[4]展開がふらふら変わり過ぎた

物語の展開に一貫性が無く、ふらふらと変わり過ぎた。
結果的に物語の芯が無くなってしまった。読者は芯が無い物語はあまり好きではない。

何より展開がふらふら変わると物語が進まなくなってしまう。物語が進まない作品は読者離れを起こす。

[5]物語の「結」となる部分が無かった

「この話には『起承転結』の『転』しかない」という揶揄があった事からも窺えるように、この作品には基本的に「結」(物語が落ち着く部分)が無かった。

作者の「ヒキ(物語の次回に続く最後)を重要視する」という意向かもしれないが、それが悪い方向へ行ってしまった。

【裏サンデー】『ゼクレアトル~神マンガ戦記~』打ち切り 1年半の連載に幕【戸塚たくす】 - NAVER まとめ

 戻って、『ミリオンジョー』で起こったことは現実でもあり得ることだ。

人気マンガ家の死について、創作物について考えるいいきっかけになった。

冨樫先生もどうかお体に気をつけて、連載再開待ってます。

広告を非表示にする

2016/06/24(金)

あーしーたーがいまー みえなーいくらいー

はーげしくーいま またたーかがやーいた

FRASH

FRASH

  • FINAL FRASH
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250

 この曲いいなーなんか元気でたわ。

後半合唱みたくなるのは好まないけど。

一昨日は映画館で『DEADPOOL』観てきた。

まーなんか、深く考えたら負けって感じの娯楽映画?

俺ちゃんは、ヤンキーイズム強すぎ。

ってか極道ですか?

殺さずボコボコにするくらいで、よかったんじゃ…

ヒロインの立場で考えると女性は引くしかない。

再会した彼氏が、バケモノ超人でもいいけど殺人マシーンは嫌だなぁ。

広告を非表示にする

2016/06/09(木)

もう、あまりブログを読まなくなってしまった。

原因の一つは、読者登録をしているブログの更新が続々と止まったからだと思う。

読者登録したブログはブクマしてるので、たまに思い出して見に行くと、知らぬうちに更新が止まってたことに気づく。

一年間で150くらい読者登録して、その半分はひっそりと終わっている。

ブログの廃墟を歩いていると不思議な気分になる。

廃墟めぐりは過去の記事を掘り返したり楽しいけども、残されたようで寂しい。

最近は、はてなブログのトップページの新しい記事を読む気分になれない。

初心の気持ちがなくなった今では、同じような記事の繰り返しに飽きてしまった。

こうやって、ブログ離れが加速していくのかと身を持って実感している。

とは言え、楽しみにしてるブログもまだまだあるんだけどなー。

広告を非表示にする

2016/05/30(月)

SWITCHインタビュー達人達の「森本千絵×吉本ばなな」を見た。

去年のなんだけど、録画したまま忘れていた。

 森本千絵さんはミスチルユーミンの映像やデザインを手がけたアートディレクターさんで作品を見ればあぁこの人がという感じ。

吉本ばななさんは、小説家さんで子どもの頃、図書館で読んだ思い出がある。

SWITCHインタビュー達人達で女性×女性の回は、つまらない回が多くて途中で挫折してしまうのに、今回はふわぁと優しい空気のなかで紡がれる言葉に引き寄せられ、あっと言う間に番組が終わってしまった。

才能あるお二人の創作の泉が、今なおキラキラと潤っているのが眩しかった。

あと話の内容と共に、話し方や表情がいいなと思いながら画面を見ていた。

女優やモデルじゃなくても笑顔や言葉に美しさが宿っていて素敵だと思った。

年を重ねるのも悪くないと考え、すこしホッとする。

こんなことを考えてしまうのは、きっと『東京タラレバ娘』を読んだせいだ。

広告を非表示にする

2016/05/14(土)

前使っていたPCに残ってた写真をCD-Rに焼いてこっちに持ってきた。

みんなと撮ったのと自画撮りなんかが数100枚あって友達と写ってるのをfacebookのグループんとこ貼ろうか考え中。

わたしは懐かしくて嬉しかったけど、今さらなんかなー。

てかfacebook自体一年以上書き込みしてへんけど。

しかし写真が古くならないのは、不思議なもんです。

自画撮りの自分が、少女だったのでびっくりした。

記憶では少女な自分なんていなかったのに、写真だとそうなんだから変だー。

あー大人になんかなりたくなかったな。

広告を非表示にする

2016/05/13(金)

「映画アニメ漫画を超える創作物なんてこの世界にあるわけないんですよ」

これは『アオイホノオ』のホノオモユルの台詞。

その3つに小説と音楽を足して、五大創作物と呼ばれている。

広告を非表示にする

2016/05/06(金)

ダークナイト』を借りて観ていたら、なぜか内容を知っていた。

なぜかもなにも、過去に観たことがあったんだろうけど、いつ、どこで観たか思い出せない。

それなのに映画の内容は、ぼんやりと覚えていて不思議な気持ちになった。

自分の人生より、映画の内容が記憶に残っていたんだと思った。

わたしはマンガや映画やアニメを日々摂取しているので、脳みそには様々な物語が蓄積されていく。

とくにマンガは平行して何種類も読んでいるから、物語を忘れないようにしている。

ただ、この物語というのは、だれかの創作でわたしの物語ではない。

わたしの物語には何月何日マンガを読んだとか、映画を観たと記されるだけだ。

こうやってわたしの記憶が人の創作だけで埋め尽くされていくのはちょっと怖い。

なんか『世にも奇妙な物語』にありそうな話だ。

働いているし、出かけたり、飲みに行ったりもしてるけどさ。

果たして、ちゃんと自分の人生を生きているのでしょうか?

広告を非表示にする