読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変化が嫌い2

sotsusotsu.hatenadiary.jp

 前に書いたのと全く一緒なんだけど、環境の変化というか、番組の改編が嫌だー。

『ららら♪クラシック』という番組があるんだけど、司会が変わってしまった。

この番組は、作曲家の加羽沢美濃さんと作家の石田衣良さん、ナレーターの服部伴蔵門さん、そして毎回違うゲストを迎える構成だった。

美濃さんは、笑顔が太陽のように明るくて可愛く、石田さんは、言葉選びのオシャンティー感が苦手だったけど、相づちが優しくて見てるうちに美濃さんといいコンビだと思うようになった。

いい声すぎる服部伴蔵門さんのナレーションも大好きだった。(あらびき団もこの方なのだ。)

ナレーションと、お二人のキャラも相まって、番組はとてもゆったりしており、このゆるさが友達の家に行ったみたいに居心地が良かった。

番組後半にある美濃さんの楽曲解説のコーナーも、解りやすくて面白かった。

あのコーナーあってこその『ららら♪クラシック』だったと思う。

ちょっと前にやった、『ジョーズ』や『スターウォーズ』や、『ハリーポッター』の作曲家ジョン・ウィリアムズ回はすごく楽しかった。

この番組を見るきっかけは、わたしがCDショップで、働き始めて、クラシックの問い合わせが多く、知識に不安を感じたからだった。

音楽の情報というものは、わりと文字で見るものだと思う。(言い訳をさせてもらえるなら。)

アヴェマリアはどこに置いてますか?」といきなり聞かれて、つい声楽のコーナーを探してしまった。

「アベマリア…アヴェ・マリア…ああ、アヴェマリアね!」というレベル。(酷い)

耳から入ってくる単語が、すぐに認識できないくらいの拙い知識しかなかったのだ。

この番組を見るようになって、クラシックに対する苦手意識はなくなった。

『ららら♪クラシック』は、30分番組で、演奏部分は、最後の数分だけだった。

わたしは、それについて物足りないと感じることはなかった。

Apple Musicにはクラシックもたくさんあるので、CDを探して聴くようになった。

クラシック好きの人には怒られるかもしれないけど、オーケストラの演奏を見るより、音楽だけを聴きたい。

なぜかというと、わたしに雑念が、静かにクラシックを聴くことを阻むからだ。

自分でもしょーもないと思うんだけど、この人、美人とか、この人若いとか、そんなことをつい考えてしまう。

あぁ、こうやって記事を書いてると、本当に終わってしまったんだなと寂しくなる。

リニューアルした『ららら♪クラシック』はたぶん見ないな。

 

・王道ではないけど、 普段クラシックを聴かない人におすすめ

 

・『ららら♪クラシック』でも演奏した2人のCDはとてもフレンチ

 

・羽沢美濃さんが作曲した素適な曲がたくさん聴ける『ツレうつ。』サントラ

 

広告を非表示にする

1日一時間

図書館で借りてる本や、積んでるゲームを、どの順番でやろうか考えながら、ブログとか、ニュースとか、ダラダラ読んで、時間がなくなっていく。

これじゃあかんぞ、ということで、時間を区切ってやることにした。

ゲームは1日一時間。

本も、同時進行してるのは沢山あるけど、一冊につき、一時間。

そうすると、結構いい感じ。

本って、面白い本でも、何ページかは、つまらないところはある。

映画や、アニメ、マンガに慣れてるから、小説の細かな描写を読むのが、つらい。

映像や、絵だと視覚でわかる情報が、文字で書かれている。

想像力と理解力が、試されている。

SFだと、読んでいても、全く想像できず、誰か図解よろしく説明プリーズという気分になる。

わずか数ページで消耗し、本を閉じたくなる。

しかし、この、一時間という取り決めがあると、ぐっと我慢して、読み進め、また面白いところにたどり着く。

このペースでいけば、読了は近いだろう。

でも本って、すごーいゆっくりの世界だなと思う。

アニメの一挙が、5時間くらいで、ドラマの一挙が10時間くらいか。

ランキングで見かける本は2.3時間で読めるのが多いけど、本好きな人がすすめる本は、5時間以上かかるのが、普通って感じ。

時間が足りないなー。

広告を非表示にする

失われていくお金

カード会社から請求書が家に届き、入金を忘れていたことに気づく。

しばらくポストも見てなかったので、すでに10日も過ぎてしまっていた。

あーあーという、ため息しかない。

毎月、20万円が失われる生活に、まだ慣れていないのだった。

今、思えば最初から、100万の単位でお金を移動すればよかった。

そうしたくない理由が、なんかあったっけ。

もう今となれば、覚悟が足りてなかったとしか思えない。

想像できる範囲と、実際の痛みは、なんでこうも違うのだろうね。

通帳なんて、1年に2.3回しか見てなかった。

別に減っても、数字でしかないの。

そういう風に考えている。

広告を非表示にする

株価のような

つらかった。

先月は、毎日違う種類の痛みと戦っていた。

もう、忘れてしまおうと思う。

人の心というのは株価のようなものだと、ふと思った。

何かのきっかけで、大きく変動することがある。

しかし、1ヵ月も経つと1日1日の動きは落ち着いてくる。

なにも、落ちるところまで、落ちる必要はない。

パニックにならないことが大切なんだ。

 

世の中のつらいことは、全部「過去」に起こっている。

「今」、だけを取り出せば、つらくしているのは自分自身。

過去のこと、未来のことを考えるから、現在までつらくなる。

つらかった過去と、不安な未来の間にあるのは、なんでもない今日。

この瞬間、瞬間の今をつなげて、少しづつ上昇していきたい。

広告を非表示にする

2017/01/25(水)

今日は図書館に行ってきた。

今住んでいる所に引っ越してきてから、はじめて行ってみようと思った。

ネットで図書館いらないという意見を目にしたのがきっかけだった。

自分は使わないし、税金を使ってほしくない。みたいなことが書いてあった。

いやー。いるでしょ図書館は!って思ったけど、コメントはしなかった。

そういう人もいるだろうし、もしかして多数派なのかもしれない。

街にあった、本屋さんや、CDショップ、映画館が閉店し、コンビニ、スーパー、ドラッグストアが増えた現状を考えるとそう思えてくる。

実際、わたしもずっと図書館に行ってなかったなーと反省した。

今は市に守られているけど、使用者が少ないと取り壊される可能性もゼロではない。

 

Googleマップで調べると、家から20分くらいの所にあった。

ポケモンGOを万歩計代わりに、岡田斗司夫Podcastを聞きながら歩いた。

ベイビィポケモンが卵から孵化するのを楽しみにしているのだ。

捕獲に関しては、もうめんどくさくて、やっていない。

 

図書館は、思っていたよりも狭く、ハードカバーがほとんどで、文庫は少なかった。

DVDが普及する前のビデオ屋を見てるようで、ハードカバーを半分文庫にしたら、何倍の本が置けるのだろうと思った。

それに上限の10冊の本を借りるにはとても重すぎて、5冊で精一杯だった。

わたしは断然、文庫派なので、この狭い図書館は、もっと文庫本の棚を置いて蔵書数を増やすべきだと思うんだけど。

これに関しては、ハードカバーが好きな人の意見も聞いてみたい。

 

やっぱり図書館で選ぶ本と、本屋で選ぶ本って少し違うのかもしれない。

わたしが立ち止まったのは、随筆・エッセイのコーナーだった。

このジャンルは、借りるハードルは低く、買うハードルは高い。

なぜかというと、すぐ読めてしまうし、あまり読み返さないからだ。

 

お笑い芸人さんのエッセイも面白いけど、作家さんのエッセイも文章がいい。

借りた本を参考に、この日記も面白くなれば、もう少し読者も増えるだろうか。

そんなことを考えながら書いていたら、長くなってきたのでここらへんで。

図書館で借りた本の紹介はもう一つのブログでしようと思う。

広告を非表示にする

2017/01/24(火)

新年の日記には、もしダメでも、もう一度頑張れるみたいなことが書いてある。

今、読むと遠い昔の記憶で、他人の日記のよう。

もう一度頑張ることには、なるけれど、しばらく怖いことばかり。

腹痛が起こり、血と胎嚢が出てくるというのが自然流産。

できれば、家にいるときであってほしい。

仕事中にそうなったら、どうしようか。

救急車とか呼ばれてしまうと、説明しないといけないし。

むこうの仕事も謎に1ヵ月休んで、なんか聞かれたら嫌だなー。

今週は土曜日まで毎日お休みだけど、なにもする気が起きない。

する必要もないし、存在意義もない。からっぽ。

そういえば、現実から逃避するには、ゲームが有効だった。

時間を回すことでしか、前進できないので、とりあえず生きよう。

広告を非表示にする

2017/01/18(水)

昨日は映画館に『バイオハザード: ザ・ファイナル』を観にいった。

レイトショーの時間だったので小さなスクリーンで、3Dもない上映だった。

念のために前回の『バイオハザードVリトリビューション』を復習してから行った。

しかし、悲しいことに、すべてがリセットされたのごとく、再びアリスは一人。

レオンやエイダたちも、とくに説明もなく、全く登場しなかった。

今、バイオの6をプレイしているので、すっごい残念だった。

あれ?レオンは?エイダは?って感じ。

あと、あのローラが女優として出演しているんだけど、あ、ローラだ!って現実引き戻されて嫌だった。

見どころもあるし音響もよくって、面白くないってことはないんだけど。

期待していたほどではなかったかなー。

まぁシリーズとしては、今まで十分楽しんできたけどね。

これで終わりと思うと、ミラ・ジョヴォヴィッチさん、おつかれさまです!と言いたい。

フィフス・エレメント』で知ったので、こんなに逞しくなるなんて夢にも思わなかったよ。

広告を非表示にする